みんなは一人のために、一人はみんなのために!


2017年7月21日(金) 17:35 JST

記事を友人にメールする 印刷用画面

「消費税大増税ストップ!4.12国民集会」

藤民ブログ全国国民集会に参加しました。今回の最大の目玉は、全業者の代表としてリレートークで代表発言したことです。
今までは大商連で500人くらいの前で発言したことはありますが、こんなに沢山の人がいるとはつゆ知らず、
代表発言を引き受けましたが、何と5000人とは(*_*)自画自賛ですがなんとかうまくアピールできたと思います。

全体の参加者は5000人を超え、日比谷野外音楽堂には入りきれません。会場の外にも人がいっぱい、
一緒に壇上に登る大阪からの参加者も立ちっぱなしです。
消費税が10%になったら、それはもう、困る人が日本中にいっぱい、医療関係、業者、農民、若者(就労者)、老人
あらゆる階層に増税によるしわ寄せが襲いかかります。野田首相は「将来の不安が増税により払拭されれば、
景気はよくなる」と強弁しますが、この消費税増税でだれの不安が払拭できるのでしょうか?
それは、きっと大企業の経営者、資産何百億円の金持ちだけではないでしょうか?
日本は消費税ですが他国は付加価値税などと一応、富裕層に対する間接税です。
なのに日本では、1000万以上する高級車に乗る人も100万もしない軽四に乗る人も消費税5%です。
しかも輸出大企業は輸出分に課税されませんから消費税は丸儲けです。言い換えれば輸出品には確実に
消費税10%の利益が保証されいるといえます。なのに、円高だといって単価切り下げ、デフレだといって切り下げ、
連結決算で赤字企業を抱えて利益が出ないからと言って、正社員も、契約社員も、期間工員も全部切り捨て、
こんなんで、日本の景気が良くなるはずがありません。

その上、大阪では橋下維新の会が、わずかな福祉もバブル期の後遺症で大判振る舞いをしていると、
老齢パスや市営住宅、府営住宅、文化事業をどんどん切り捨てています。橋下が知事になってから4年になりますが、
何か良くなったことはあるでしょうか

消費税反対のデモも延々続きます。私たちは国会議員要請でデモの先頭でした。私たちが消費税反対要請で
国会議員訪問を行って議員会館を出た後も永遠と続いています。お伺いした共産党の山下よしき参議院議員も、
これだけ長いことデモ行進の声が聞こえると増税賛成の議員や官僚がやりにくくなると言っておられました。

朝7:30に新大阪集合、議員会館を出たのが午後4時過ぎで、体力的には疲れましたが、増税反対の声を上げる
人がこれだけいる。必ず増税阻止を成功させなければと感じ、帰阪しました。

行きの新幹線からの富士山も応援してくれました。(^_^)v
記事を友人にメールする 印刷用画面

藤民メルマガVol12 11/7号より

藤民ブログ○11/5藤井寺駅周辺まちづくり協議会全体会議(第1回)に参加してきました。

会議には国下市長をはじめ市会議員さんも5?6名参加されていました。
内容は[1]活性化イベント部会、[2]街並み整備部会のこの間の活動報告で
[1]イベント部会では市民祭りでの展示(商店街のショップの紹介など)イベント(ネイルの実施)、大阪女子短大の学園祭で同様なことをしたなど
[2]街並み整備部会ではこの間会議を中心に行い、10月に銀杏並木の清掃を行ったなど
簡単な報告がありました。
そのあと勉強会で長坂泰之氏(中小企業基盤整備機構・中小企業診断士)の「中心市街地活性化のツボ-今、私たちができること-」と題して約1時間のお話がありました。

大まかな内容は「活性化にはハード(都市としての構造物と私人としての店や商業施設など)とソフトがあるが、今はハードにいくらお金をかけても上手く行かなくなっている。また最後まで責任を持てる人がリーダーにならないと失敗することが多い。今はソフトを中心に見合ったハードを作ったほうが良い。ハードは失敗したら取り返しがつかないが、ソフトは何度でもリトライできるとの事でした。
 後、熊本のサンワ工務店社長の山野さんの話、「新規開業したい若者に開業にあたって必要なものをリストに書かす。素人は通常100?200項目書くが、本当は4?500必要になるとアドバイスし、開業時にできるだけ金を使うなということで中古機器を斡旋して若者の開業支援をしているとか、兵庫県の伊丹市では「伊丹のまちなかバル」というイベントがあって3000円で街中をはしご酒する企画がすごい規模になっていると紹介されました。これは先日やったスタンプラリーと同じでした。
最後に地域が自立・活性化するには「人」を育てる視点が不可欠。物事を進めるにはPDCA(Plan,Do,Check,Action)が必要でPはコンサルが書けても、DCAは地元の人しかできないと締めくくっていました。
記事を友人にメールする 印刷用画面

今日からマンスリーお買い物スタンプラリー開催

藤民ブログ本日より、お買い物スタンプラリー2011が羽曳野・藤井寺市のお店で始まります。
お店は以下の参加店マークをお店に掲示しています。
スタンプラリーの台帳はお店に置いています。

ぜひ、ラリーに参加して下さい。
ラリーにゴールすると、抽選で最高1万円相当の賞品券があたります。
賞品総額14万円!!

記事を友人にメールする 印刷用画面

全国会長会議 静岡県・掛川で開催される

藤民ブログ全商連 全国会長会議が静岡県・掛川市のつま恋で開催されています。全国から約600名の会長や・役員が集まっています。

初日の全大会も大詰めに迫っています。

明日は分散会・全体会が開かれます。

記事を友人にメールする 印刷用画面

大船渡民商 岩商連のブログ

藤民ブログ

3.11の大震災・津波で事務所が流された陸前高田民商
事務局員2名も今だ行方不明のままが現状のようです。

そんな中でも新しい事務所を開設し新事務局員を迎え、会員の安否確認に全力を尽くしているとの事で
皆さんにも情報提供の要請がつなごう民商のわにもありました。皆さんも少しでも情報がありましたら
民商事務所や役員にお願いいたします。

また、大船渡民商、岩商連もブログを開設し現状報告や情報提供を呼びかけています。
岩手 宮古民商たより
岩手 大船渡民主商工会Blog
岩商連(岩手県団体商工連合会)ブログ

  私たちは被災地の応援をこれからも続けていかなければなりません。被災者の自立を応援するためにも
藤井寺民商では義援金・支援金を集めて被災地に送って行きます。

記事を友人にメールする 印刷用画面

大商連 青年部主催「なりわい経営」学習会

藤民ブログ

昨日(2011/5/15)、大阪市中央区玉造2町目の大商連(大阪商工団体連合会)会館の3階で午後3時より
大商連青年部主催「なりわい経営」学習会が開かれました。

今、全国的に有名な橋下知事がいる大阪が、全国で最も不景気な都市になっています。
そんな中でも、若い業者が経験や地域の特性を生かして経営を続けています。
今回は、USTREAMで学習会の模様を生中継しました。音が途切れたり画像が途切れたり、
Twitterとの連動が上手く行かなかったりといろいろありましたが、録画がありますので、
後で何度でも見直せます。 http://ustre.am/yAMA

商売は一人ではできません。必ずお金を払ってくれる顧客がいます。またものを仕入れたりする
取引業者が居ます。自分や顧客の会社・住居などの地域とあり、必ず誰かとかかわっていないと
やっていけません。私たちは商売人の集まりです。あなたも私たちの仲間になって、商売つづけましょう!!

記事を友人にメールする 印刷用画面

岩手県宮古民商のブログ

藤民ブログ

岩手県・宮古民商のブログでは、震災直後の18日からブログの更新を行ってくれています。

3月27日のブログでは
 ○宮古市 向町の 割烹 M さん
 「店はメチャメチャ 冷蔵庫などは あっちこっちに流された 使えるものは なし!」
 「あんな恐ろしい思いをするなんて!」
 「でも 何時までも こうしてられない」
 「新しい店舗を 確保して また始めます」
 「従業員もいる 今までの お客さんもある」
 「信金に行ったら 10万円しか おろさせてくれない」
 「給料もあるので 大変だった」
 「今週号の商工新聞の折り込みニュースで中小業者向け 融資 が載ってたが」
と 3月分の会費を支払いながら相談に見えられました。

 早速 流された 決算書を 税務署に行って写しを取って盛岡の国民政策金融公庫へ融資申込みをいたします。

○山田町の 不動産のMさん
 「5つのアパートのうち 3つ流されたり、火事で焼けた」
 「津波を 目の当たりに見た、山田の町を一瞬で ガラガラガラ と ぶっ潰した!」
 「前に消防をやってたこともあって、津波で流された人を男女2人を 避難してた人たちに指示を出して 救出した」
 「こんなときは 笑うしかない でも また 不動産で勝負する。男だ。やってやるという意気込みだ!」
 「民商には 融資を受けたり 今後のことでも相談に乗ってもらいたい」
 「会員さんも被害を受け 民商も大変だろうから避難所から 会費を届けにきた」
 と 3月分会費を持参。

○山田町の O さん
 「津波の被害は自宅にはなかったが、土木工事をやった現場のお客さんの家が全部流された。工事代金を請求できない」
 3/15には 盛岡に行って国民政策金融公庫に800万円の運転資金を申し込んだ。
  従業員の給料支払いと 材料仕入分の支払いが滞ったらもう材料が取れなくなると 判断して 飛んだ。
  公庫の担当者は「本当に大変ですね 早く出しましょう」と23日には 振り込まれたそうです。

○宮古市津軽石の 作業場と自分も流され津波を泳いで
 助かったS 大工さんが相談に見えました。 何とか 大工の腕で 復興に 仕事に精出したいが 道具がない。何とかならないか?


  これも 融資をうけて 中古でも道具そろえ 動き出そう!と業者は商売の建て直しに 復旧に 動き始めてます。
  震災・津波にまけず がんばりまーす!
 
と写真入りで連日更新しています。本当に勇気づけられるブログです。
現地ではこれから復興に向けていろいろな道具も必要になるのではないでしょうか?
これらの支援も必要になってくると思います。中古でも使えるものは現地で役立ててもらいましょう
私たちも、できる支援を考えて行動していきます。

記事を友人にメールする 印刷用画面

国税通則法 改悪反対!!

藤民ブログ

東北地方の大震災で国会審議が停止している。本予算の関連法案が通らないのに補正予算の話がある・・・・
国家の一大事だからと言っていい加減に法案を通過させてはならない。
守らなければならない権利は徹底的に守らなければ・・・・

国税通則法改悪による影響を全商連のHPで掲載しています。
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/kokuzeitusokuho/kokuzeitusoku.html

マンガもありますよ。http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/kokuzeitusokuho/img/manga_kokuzeitusokuho.pdf

記事を友人にメールする 印刷用画面

ちょっと気分を変えて

藤民ブログ

まだまだ、東北地方の大震災について物資が届いていない支援が届いていないとテレビで放送する一方で
今は、被災地に行っても受け入れないと言う話も聞く。
少しずつではあるが、通常のCMが流れるようになったが、ほとんどがACのCMで
ボランティアは生涯、思いやりは誰にでも見えるなど、何回も見せられると脅迫されているようにも
感じる・・・・
福島原発は、地上からの放水を行ったが、現状維持の状態・・・なかなか前に進まない。
関西は頑張って経済活動をし多くの税金を納めるようにしなければ・・・・
などなど、何とか早く東北地方への支援体制が整い、日本全体で前進できる状態が
早く来ることを望む毎日です。

そんな中、全商連のHPでちょっと笑えるムービーがありましたのでお知らせします。
民商は自営のあなたを応援します!! http://www.zenshoren.or.jp/ouen.html

記事を友人にメールする 印刷用画面

大阪は雪です

藤民ブログ春の拡大、真っ只中、今日は未明からの雪で大阪は真っ白です。
主要道路は、車で雪はありませんが、裏道はシャーベット状態で、
ブレーキを踏めばABSがゴゴゴゴっと軽快に音を立てますって、
楽しいことではありませんが、交通事故や転倒に気を付けて
頑張りましょう!!

藤井寺民主商工会
(藤井寺民商)
〒583-0017
大阪府 藤井寺市 藤ヶ丘2-6-28
TEL 072-939-8243
FAX 072-939-8228