みんなは一人のために、一人はみんなのために!


2017年7月21日(金) 17:31 JST

記事を友人にメールする 印刷用画面

緊急融資の申し込みが増えています

おしらせ

3.11の東日本大震災以来、買いだめによる水や乾電池の品不足が連日報道されています。

民商では、震災以来「建築資材がなくなって、次の現場の仕事ができない」「缶ビールが注文した分入らない」
「ハムが入らない」など供給不足だけでない原因で品不足が発生しています。
震災関連で仕事に支障をきたす事象がありましたら、民商にご相談ください。
行政機関への申し入れなど改善に協力します。

また、やっぱり、資金が必要と緊急融資「緊急経営対策資金」の申し込みが増えています。
この制度は今年度内であれば、固定金利1.4%、保証料率0.8%で保証協会に直接申し込めます
来年度からはこの制度が改悪され金融機関申し込み・金融機関金利になり、確実に返済金利が増えます。
資金が必要な方は早くご相談ください。

※この固定金利で金融機関(銀行・信金)ではなく保証協会に直接申し込める制度は全国でゆいつ大阪だけにあった
中小業者にやさしい制度でした。これを、橋下知事は「財政行動改革プラン」で無駄とし「スズメの涙もない中小企業
支援」をバッサリ切りました。これにより、平成23年度からは、金機関申し込みで金融機関の約定金利となります。
大阪府は2.2%前後になるとしていますが、金融機関が決めますので金利の上昇、融資獲得の困難が容易に
予想されます。
 

記事を友人にメールする 印刷用画面

岩手県宮古民商のブログ

藤民ブログ

岩手県・宮古民商のブログでは、震災直後の18日からブログの更新を行ってくれています。

3月27日のブログでは
 ○宮古市 向町の 割烹 M さん
 「店はメチャメチャ 冷蔵庫などは あっちこっちに流された 使えるものは なし!」
 「あんな恐ろしい思いをするなんて!」
 「でも 何時までも こうしてられない」
 「新しい店舗を 確保して また始めます」
 「従業員もいる 今までの お客さんもある」
 「信金に行ったら 10万円しか おろさせてくれない」
 「給料もあるので 大変だった」
 「今週号の商工新聞の折り込みニュースで中小業者向け 融資 が載ってたが」
と 3月分の会費を支払いながら相談に見えられました。

 早速 流された 決算書を 税務署に行って写しを取って盛岡の国民政策金融公庫へ融資申込みをいたします。

○山田町の 不動産のMさん
 「5つのアパートのうち 3つ流されたり、火事で焼けた」
 「津波を 目の当たりに見た、山田の町を一瞬で ガラガラガラ と ぶっ潰した!」
 「前に消防をやってたこともあって、津波で流された人を男女2人を 避難してた人たちに指示を出して 救出した」
 「こんなときは 笑うしかない でも また 不動産で勝負する。男だ。やってやるという意気込みだ!」
 「民商には 融資を受けたり 今後のことでも相談に乗ってもらいたい」
 「会員さんも被害を受け 民商も大変だろうから避難所から 会費を届けにきた」
 と 3月分会費を持参。

○山田町の O さん
 「津波の被害は自宅にはなかったが、土木工事をやった現場のお客さんの家が全部流された。工事代金を請求できない」
 3/15には 盛岡に行って国民政策金融公庫に800万円の運転資金を申し込んだ。
  従業員の給料支払いと 材料仕入分の支払いが滞ったらもう材料が取れなくなると 判断して 飛んだ。
  公庫の担当者は「本当に大変ですね 早く出しましょう」と23日には 振り込まれたそうです。

○宮古市津軽石の 作業場と自分も流され津波を泳いで
 助かったS 大工さんが相談に見えました。 何とか 大工の腕で 復興に 仕事に精出したいが 道具がない。何とかならないか?


  これも 融資をうけて 中古でも道具そろえ 動き出そう!と業者は商売の建て直しに 復旧に 動き始めてます。
  震災・津波にまけず がんばりまーす!
 
と写真入りで連日更新しています。本当に勇気づけられるブログです。
現地ではこれから復興に向けていろいろな道具も必要になるのではないでしょうか?
これらの支援も必要になってくると思います。中古でも使えるものは現地で役立ててもらいましょう
私たちも、できる支援を考えて行動していきます。

記事を友人にメールする 印刷用画面

東日本大震災の情報について(2)

おしらせ

全商連の緊急情報も12まで発行されています。
また、この速報を地域ごとに分けたブログ つなごう民商のわにもアップしています。

ガソリン不足からなかなか支援が隅々にいきわたらない状況に日々やきもきしている状況ですが
福島原発のニュースばかりで被災地の情報がかなり減りました。また、孤立地域や小集落の救援
活動はどうなっているのでしょう・・・
また、原発周辺の避難地域で行方不明になられている方への捜索などは行われているのか
まったく不明ではないでしょうか?

特に西日本は経済活動を旺盛にし納税という立場から東日本を応援しようとテレビで言われていますが
相反して、大企業の資材の囲い込み、材料不足から次の工事ができない。など、経済活動ができない
現状も報告されつつあります。皆さんの周りでも、このような状況がありましたら民商にご相談ください。

記事を友人にメールする 印刷用画面

東日本大震災の情報について

おしらせ

東日本大震災について、全商連の情報を掲載してきましたが、個別の県連・民商の情報がつかみにくいので、
県連・民商単位に情報を分けて掲載するページを作成しました。

情報がありましたら寄せてください。

http://wa.fujimin.jp つなごう民商のわ(輪)です。

まだ、見づらいとか、カテゴリーに民商名が出ていないとかありますが、これから調整します。

記事を友人にメールする 印刷用画面

国税通則法 改悪反対!!

藤民ブログ

東北地方の大震災で国会審議が停止している。本予算の関連法案が通らないのに補正予算の話がある・・・・
国家の一大事だからと言っていい加減に法案を通過させてはならない。
守らなければならない権利は徹底的に守らなければ・・・・

国税通則法改悪による影響を全商連のHPで掲載しています。
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/kokuzeitusokuho/kokuzeitusoku.html

マンガもありますよ。http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/kokuzeitusokuho/img/manga_kokuzeitusokuho.pdf

記事を友人にメールする 印刷用画面

ちょっと気分を変えて

藤民ブログ

まだまだ、東北地方の大震災について物資が届いていない支援が届いていないとテレビで放送する一方で
今は、被災地に行っても受け入れないと言う話も聞く。
少しずつではあるが、通常のCMが流れるようになったが、ほとんどがACのCMで
ボランティアは生涯、思いやりは誰にでも見えるなど、何回も見せられると脅迫されているようにも
感じる・・・・
福島原発は、地上からの放水を行ったが、現状維持の状態・・・なかなか前に進まない。
関西は頑張って経済活動をし多くの税金を納めるようにしなければ・・・・
などなど、何とか早く東北地方への支援体制が整い、日本全体で前進できる状態が
早く来ることを望む毎日です。

そんな中、全商連のHPでちょっと笑えるムービーがありましたのでお知らせします。
民商は自営のあなたを応援します!! http://www.zenshoren.or.jp/ouen.html

記事を友人にメールする 印刷用画面

東北地方沖地震の緊急情報のその後

おしらせ

今回の震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、ご家族様に
対しまして、心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げますとともに
私達も少しでもご協力できるよう務めさせていただきます。

ここのブログで4号まで転記しましたが、全商連のHPで掲載してくれています。現在は6号まで出ています。
(全商連HP) http://www.zenshoren.or.jp/

この、未曾有の大災害、全国で協力して乗り越えましょう!!
そのためにも、被災地以外の人々は不必要に買いだめしない。
そうすることで、必要なところへ運ばれる物資の量が増えます。
大阪でも買いだめしている人がかなりいるようです。
私達が普通の生活をすることが、今一番大切ではないでしょうか?

記事を友人にメールする 印刷用画面

東北地方沖地震の緊急情報(全商連地震対策本部発行4)

おしらせ

全商連より4号がきました。

なお、全商連では、義援金の口座を開設しています。詳しくは民商まで

記事を友人にメールする 印刷用画面

東北地方沖地震の緊急情報(全商連地震対策本部発行3)

おしらせ全商連(全国商工団体連合会)では3月12日より東北地方の県連の情報収集を行い全国の県連に情報を提供しています。
大変ご心配の方も多いと思いますので、情報が私のところに入り次第、できる限りここでお知らせしたいと思います。

本情報は3通目の情報をもとにしています。
記事を友人にメールする 印刷用画面

2011年申告相談日程表

おしらせ

いよいよ、2011年の確定申告が2月15日から3月15日にかけて行われます。
藤井寺民商でも16日から申告相談班会を各支部で始めます。
日程表を添付します。 申告相談会は、どの会場へ来ていただいてもOKですが、
事前に予約を入れてください。(昨年の資料等の準備がありますので)
また、今年は3月11日の一斉申告に藤井寺からマイクロバスを出しますので、
この日にあわせて申告しましょう。(バス代は1申告書につき300円です。)

※詳しくは全国商工新聞についている藤井寺ニュース、または事務局までお問い合わせください

日程表(PDF)